ゼネグラ(zenegra)EDの治療薬の効き目と使用方法

ゼネグラ(zenegra)EDの治療薬は先発のファイザー製viagraと同じくシルデナフィルを成分としたviagraジェネリックです。効き目や使用方法は基本的には同一のものとなります。本文はこの二つの特性について説明します。

シルデナフィルはPDE5(ホスホジエステラーゼ5)阻害剤に分類され、生体内で勃起を妨げるPDE5という酵素の働きを抑え自然な勃起の手助けをしてくれます。ペニス海綿体への血流を増やすという作用機序ですので催淫効き目などはありません。

使用方法は性行為の1時間程度前に水またはぬるま湯等で使用します。シルデナフィルは胃や腸から体内に吸収され効き目を発揮しますが食後などの胃壁、腸壁に食べ物の脂がついた状態ですと効き目的に吸収されず便として排出されてしまうという欠点があります。
失敗なく効き目を実感したい場合は空腹時の使用が推奨されています。

効き目は4~6時間程度持続します。
ゼネグラ(zenegra)EDの治療薬の副作用
ゼネグラ(zenegra)EDの治療薬は先発のファイザー製viagraと同一の成分ですので同一の副作用が予想されます。シルデナフィルには身体各所の血流量が増えることにより頭痛、鼻づまり、顔のほてり、目の充血等の副作用が出る場合があることがよく知られています。
しかしこれらの副作用は重い方や反対に全く出ない方もおり千差万別となります。頭痛などの副作用が強く出る方にはロキソニン等の鎮痛薬の併用がおすすめです副作用は一般的には効き目の消失とともに消えていきますので過度な心配は不要で「効き目出現の合図」程度の認識でいいでしょう。