ゼネグラEDの治療薬の有効成分とED治療薬ジェネリックの問題点

ゼネグラ(zenegra)EDの治療薬の有効成分は「シルデナフィル」であり、先行薬のバイアグラと同成分です。バイアグラはファイザー製薬製ですが、ゼネグラ(zenegra)EDの治療薬はAlkem Laboratoriesというインドの製薬会社が製造しています。本ページはゼネグラEDの治療薬の有効成分とED治療薬ジェネリックの問題点について紹介します。

バイアグラジェネリック、つまりシルデナフィルを有効成分とする商品は幾つもあります。
●カマグラ(Ajanta Pharma製)
●シルデグラ(アクタビス社製)
●カベルタ(Solrex Pharmaceuticals Co. 製)
●デグラ(Deva製)
●ベガ(Signature Pharmaceuticals Ltd製)
●ビゴラ(German Remedies製
どれも同じような製品ではありますが、メーカーが違うため製造工程などに違いがある場合があり、若干効果が異なる可能性もあります。

上記のようにバイアグラジェネリックはいくつも種類がありますが、現在のところ最安なのはゼネグラ(zenegra)EDの治療薬です。
しかし、もっとも売れているのはカマグラで、口コミ評判も多数あります。そういう意味ではカマグラは安心です。
もし、ゼネグラ(zenegra)EDの治療薬やカマグラの効果に満足しないなら、他の商品をためしてみるといいでしょう。

ED治療薬ジェネリックの問題点

正規品と比較して非常に安いジェネリック品ですが、問題点も指摘されています。
ジェネリック品は有効成分は正規品と同じですが、製法が異なる場合があります。そのため、まったく同じ効果が得られるとは限りません。
しかし、ED治療薬ジェネリック(カマグラなど)の口コミ情報を見ると、概ね同様の効果を感じている人が多いようです。

また、海外から取り寄せるので、偽物や粗悪品が混じる可能性も考えられます。
これに関しては怪しげな業者から購入しないことが肝心です。例えば、自分で海外に行った際、露天などで購入したED治療薬で健康被害が出たというケースがありますが、それは避けるべきです。

最後に、ED治療薬ジェネリックは日本では認可されていません。それは日本人の体の健康に対して安全性の保証がないということを意味します。
実際、日本でも多くの人がED治療薬ジェネリックを使用しており、深刻な健康被害が出たという報告は稀です。しかし、万が一の場合、自己責任として国の責任を問うことはできません。さらに、心臓疾患のある人など、健康に問題のある人はED治療薬を使用してはいけません。正規品だと医師から処方されるので、そのあたりの判断は医師から指示がありますが、ジェネリック品は自分で自分の健康状態を判断して使用することになります。これも自己責任です。これに関して、心配な人はジェネリック品であっても医師に相談してから使用すべきです。

まとめると、ジェネリック品は非常に安価ですが、正規品ほど信頼性はありません。しかし、怪しげな業者から購入したり、健康に問題があるのに使用したりしなければ、実際のところ大きな問題になることは稀です。自分で判断し、自分で責任をとれる人にジェネリック品は推奨できます。自信がないなら病院に行って正規品を処方してもらいましょう。

もしくは、シアリス系ジェネリックである、「メガリス」「タダリス」「フォーゼスト」、あるいはレビトラ系ジェネリックである「バリフ」を試してみましょう。価格もバイアグラジェネリックとそれほど違いはありません。

レビトラ

シアリス

バイアグラ

▼他の医薬品オススメ

女性用媚薬は、性欲や性的快感を増大させるために用いる薬の総称。媚薬のタイプが多く、女性用媚薬強力効果もそれぞれがあります。

男性精力剤とは、男性の立場は、勃起不全、中折れ、早漏や精力不足、ペニス短小、セックス回数が少ない方に役に立ちます。